美容師から事務職に転職

美容師転職

美容師から事務職へ転職するためのポイント

美容師から事務職に転職ってできる?

と、美容師を辞めたいと考えながら、次の転職先として残業が少なそうで土日祝日にしっかりお休みが取れる事務職が良いな、と思っている美容師さんは多いのではないでしょうか。

結論としては美容師から事務職に転職することは可能ですが、厳しいです。

事務職は未経験可の求人も多く、女性からとても人気の高い職種です。

そのため事務職の求人はいずれも倍率が高くなることが多く、中途採用されるのはどうしても難しくなってしまいます。

事務職の転職でも経験者は有利になりますので、年齢が若い方は正社員ではなく派遣社員なども含めて転職先として考えても良いかもしれません。

美容師から事務職へ転職する際に、事務職の求人を効率良く見つけることができる求人サイトや派遣会社についてご紹介いたします。

美容師を辞めて事務職に転職したい!

美容師の仕事は激務で給料も低く、続けるのは大変な仕事の一つ、といって良いと思います。

今活躍しているスタイリストやオーナーは、そうした下積み(アシスタント)時代を経ているので、全ての人が美容師を辞めているわけではありません。

しかし、美容業界の離職率は非常に高いことには間違いないですね。

毎年、多くの人が美容師を辞めて異業種転職しています。

美容師から事務職に転職する方も多いです。

また次の仕事も美容師、美容関連の仕事にしようかな・・・?
と迷ってみたものの、やっぱり体力的にキツいし、給料も安い。

美容師の経験があるので転職はしやすいけれど、同じ働き方になるのはイヤだな。

だったら違う職種、もっと体力的に楽に働ける事務職が良さそうかな・・・といったことから、次の仕事として事務職を考える美容師さんも多いと思います。

オフィスワークは基本的には残業無し、土日祝日がしっかりお休みとなる職場が多いです。

そのため、美容師から転職した後に、すごく働きやすい労働環境に感じる方が多いようです。

ただし、先ほども書きましたが事務職は超人気の職種となりますので、転職活動の準備、または派遣会社選びが重要になります。

未経験で事務職に転職するためのエージェント

異業種転職

美容師を辞めて事務職へ転職を目指す方の多くは20代だと思います。

実際、未経験で事務職として転職するには年齢が最も重要といって良いかもしれません。

30代未経験から事務職、というのは非常に厳しいです。

未経験職種、異業種転職を目指すのでしたら20代の間に、というところになります。

美容師1年目、2年目といった第二新卒で美容師を辞めて事務職など異業種転職を目指す方も多いと思います。

20代向け、未経験職種への転職に強い転職エージェントの活用もおすすめです。

例えば、未経験で転職を目指す場合に求人を見つけやすい転職エージェントとしては、

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

⇒ Re就活エージェント

などがあります。

対応エリアが広いのはハタラクティブです。
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、兵庫、福岡で仕事探しをされている方は利用しやすいと思います。

ハタラクティブでは3人に2人が正社員経験がない未経験で就職をされています。

求人数が多く事務職の紹介実績も多いのが、就職shopです。
関西と関東に店舗が集中しています。

Re就活エージェントは東証一部上場企業の「学情」による20代専門の転職エージェントサービスです。

利用者の60%が社会人経験1年未満。
若手求職者のキャリアアップ支援を得意としている転職エージェントとなります。

未経験職種へのキャリアチェンジには、こうした転職エージェントを利用する方法はおすすめです。

事務職の求人も探してくれる手助けをしてくれますし、志望動機や面接対策などのサポートを受けられることも心強いと思います。

未経験可の事務職求人を探すための求人サイト

転職エージェントは実際に企業に取材を行うなど、詳しい情報収集に力をいれますので、取り扱い求人数がどうしても少なくはなります。

またカウンセリングが面倒・・・という方もいるかもしれません。

そうした場合におすすめなのは、求人サイトを利用して事務職の求人を探す方法です。

⇒ リクナビNEXT

リクナビNEXTは国内最大級の求人を掲載、事務職の求人も多く見つけることができるのでおすすめです。

未経験歓迎、第二新卒歓迎といった条件でも簡単に求人を探すことができますよ。

事務職に強い派遣会社で探す

美容師から事務職に転職

未経験で事務職の仕事を探す場合、派遣社員も考えてみても良いと思います。

事務職の求人自体が減ってきていますし、派遣社員などの比率も高くなっていることから、早めの転職活動を前提にまずは派遣として経験を積む、という働き方もあります。

⇒ テンプスタッフ

大手派遣会社のテンプスタッフには事務職のお仕事も多数あります。

福利厚生や研修制度も整っていますので、派遣社員としお仕事をスタートされるのでしたら、テンプスタッフがまずおすすめです。

美容師から事務職 志望動機の書き方

美容師から事務職への転職を目指すとき、退職理由も重要ですが、「志望動機」も重要です。

事務職はコミュニケーション力がとても重要な職種ですから、美容師として培ったコミュニケーション力の高さをアピールすることがポイントとなります。

電話でお客様に対応することもありますし、来客対応もする場合もあります。

もちろん、社内の様々な人とのやり取りも必要な場面もあるでしょうから、早期に信頼関係を構築するためにもコミュニケーション能力は重要となります。

美容師から事務職、志望動機の書き方として、

「どんなお客様ともコミュニケーションを上手く取ることができる」

といったこともアピールすると良いでしょう。

また前職(美容師)の経験をどのように活かせるのか、といったことも重要です。

企業があなたを採用するメリットをアピールすることが必要となります。

PCスクールや独学でExcelやWordの使い方を学んでいる、といったアピールも有効です。

美容師から事務職、転職エージェントを利用するメリットを活かす

志望動機の書き方は迷うことも多いと思います。

転職エージェントを利用していれば、履歴書、職務経歴書の書き方、志望動機の書き方などもアドバイスを受けられますので、迷うことなく転職のための準備ができるメリットがあります。

⇒ 未経験で事務職に転職するためのエージェント

で未経験職種への転職におすすめの転職エージェントをご紹介しました。

こうした転職エージェントなどを活用される方法はおすすめです。

まずは事務職の求人があるかどうか、問い合わせをされてみることをおすすめします。

-美容師転職
-,

© 2020 美容師1年目 辞めたい、転職するには