美容師1年目、辞めたい

美容師1年目、せっかくなった美容師だけど辞めたい・・・

他の店に移る?いや、辛いから、美容師1年目だけど見切りをつけて辞めて転職しようかな・・・

美容師が辛くて辞めたいと悩んでいる方はとても多いと思います。

美容師 辞めたい」と検索しながら、これからどうしようかと考えをまとめようとしている方は多いんです。

美容師は人気の高い職業ですが、離職率が高い職業でもあります。

特に離職率が高いのは、美容師1年目。

本当に美容師を辞めた方が良いのでしょうか?
辞めないでもう少し頑張った方が良い場合もあります。

美容師1年目、辞めたいと悩んでいる方へ。

辞めたい理由に対しての解決策、本当に美容師を辞めたい場合の転職活動の仕方、失敗しないための転職のポイントについてもご紹介したいと思います。

美容師1年目、辞めたいと思う理由

美容師辞めたい

美容師1年目ですから、当然下積み、アシスタント業務を覚えるために必死にお仕事されている時期と思います。

美容師1年目の離職率は約50%、と言われています。
それに5年以内の離職率も9割近いという業界です。
(美容師を辞める人も多いですが、他のサロンに移る美容師も多いです)

よく考えるとすごい離職率ですよね・・・。

1年で辞めたい美容師が多い状況はずっと続いています。

美容師を辞めたい理由

によって、今後の進路を考えることが大切です。

美容師を辞めたい、転職するには

短期離職になってしまうけれど、美容師1年目で辞めて他の仕事に転職しようと思う、という方も多いと思います。

実際、合わない美容師の仕事を無理して続け、3年後に辞めて異業種転職を目指すのなら、早い時期に見切りをつけて転職した方が、新しい仕事でキャリアを積むことも出来ますし、美容師よりも高年収で稼げる可能性が高いです。

美容師を辞めたい理由の一つに、

給料の低さ

もあると思います。

美容師1年目で転職する場合、20代向けの未経験でも正社員転職しやすい転職エージェントの活用が良いと思います。

20代での転職は第二新卒ということで比較的、転職がしやすい年齢です。

20代後半で未経験職種への転職は難しいことが多くなります。

そのため転職を決断するなら若い年齢の方が有利、ということは確実にあります。

こうした転職エージェントは短期離職した人でも内定率が高いことが特徴です。

美容師1年目の転職におすすめ転職エージェント

美容師1年目で辞めて、転職をする場合には社会人経験が浅いことから、転職が不利になる場合も多いです。

新卒1年目の短期離職となりますので、異業種転職を目指す場合には特に転職理由、退職理由は重要になってきます。

「自社で採用した場合、また短期間で辞めるのではないか?」

と面接官は不安に思っています。

そうした面接官をポジティブに説得するための転職理由を用意することが必要です。

また、応募する求人にしても未経験歓迎の求人を中心とする必要がありますね。

そうした転職成功のために大切なポイントを抑えて転職活動ができるのが、ご紹介するような転職エージェントを利用しての方法です。

第二新卒エージェントneo

18歳~28歳の方の利用がメインという第二新卒エージェントneoは、早期退職の転職も相談できます。

ブラック企業を除外して紹介してもらえます。
(長時間労働に疲れてしまっている方も多いのではないでしょうか?)

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月で退職する人もいると思います。

その場合、やはり短期離職の経歴があると一般的な転職活動では書類選考を通すのも難しいです。

また美容師一本で就職を目指してきた場合、業界研究の方法なども分からないのではないでしょうか。

第二新卒エージェントneoのような転職エージェントを利用することで、履歴書・職務経歴書の書き方、業界研究の方法、面接対策など内定獲得のためのサポートを受けることが出来ます。

第二新卒エージェントneoには様々な求人があります。

どういった求人があるか、まずは相談してみることからはじめてみてください。
転職支援サポートは全て無料で受けることが出来ます。

【会場】東京、大阪、名古屋、福岡

⇒ 第二新卒エージェントneoの転職支援内容はこちら

ハタラクティブ


20代に特化して転職支援を行っている転職エージェントがハタラクティブです。
社会人1年目で辞めて、ハタラクティブを利用して転職している方も多いです。

未経験歓迎の企業からの正社員求人を多く取り扱っています。
大手企業の求人も多いので、情報収集におすすめです。

ハタラクティブは20代向け転職エージェントとしては、幅広い業界・職種の求人を扱っているエージェントですので、色々と比較しながら仕事探しをすることができます。

ハタラクティブの支店は、

・渋谷支店
・立川支店
・池袋支店
・秋葉原支店
・大阪支店
・横浜支店
・さいたま支店
・名古屋支店
・福岡支店
・千葉支店
・神戸支店

(2020年8月1日時点で11支店)

となります。

⇒ ハタラクティブの転職支援内容はこちら

キャリアスタート

キャリアスタート

20代、未経験職種への転職支援に強い転職エージェントがキャリアスタートです。

キャリアスタートを利用して、年収アップ転職に成功する人も多いです。

対応エリアも広めの転職エージェントとなりますので、利用できる方も多いのではと思います。

営業、販売、事務、ITエンジニア、WEB関連求人など様々な業界・職種の求人を扱っています。

上京して東京で就職したい方も相談(上京支援)してみてください。

【対応地域】東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡、北海道

⇒ キャリアスタートの転職支援内容はこちら

美容師1年目で辞めたい理由

美容師1年目の離職率は50%と言われます。

実際、同期入社して新人美容師がサロンに自分しか残っていない・・・

という状況の方もいるのではないでしょうか?

自分も辞めようかな、どうしようかな・・・と迷っている美容師さんも多いと思います。

美容師を1年目で辞めたい理由として多いものに、次のようなものがあります。

あなたが美容師を辞めたい、と思っている理由に当てはまるもの、近いものはあるでしょうか?

長時間労働、拘束時間が長い

美容師は長時間労働が当たり前。

12時間勤務が普通で、開店前の準備、それに閉店後の練習などで14時間、15時間くらいお店にいる・・・

という方は多いでしょう。

美容師は長時間労働、分かっていたけれどやっぱり辛い。

体力的な限界を感じ、辞めたい、転職する美容師は多いです。

低賃金、給料が低い

美容師は長時間労働のうえ、給料は低いです。

同年代の平均年収よりも、かなり低いと考えて良いです。

1年目なら手取り10万円台前半、という美容師さんが多いでしょう。
出費も多いので、手元にお金が残らないのが悩み・・・

スタイリストになっても指名が取れないと給料20万円以下、と言うこともあり得ます。

30代、40代と将来の年収も安い現実を見て、転職を決断する美容師も多いです。
長時間労働、安い給料によって憧れの美容師にはなってみたものの・・・1年目で辞める、とううケースは多いといえます。

手荒れ・腰痛

美容師の職業病、といえば手荒れ・腰痛などです。

特に手荒れ、美容師の仕事をしている以上はもう治らない・・・といった肌状態にある方も多いでは?

手荒れ、腰痛が原因で美容師を辞める人もいます。

福利厚生が無い、少ない

サロン、美容室の多くでは、福利厚生が整っていない場合が多いです。

社会保険に加入していない美容室もあります。
就職する時に福利厚生は確認されたでしょうか?

社会保険は大切です。

そもそも法人化していない個人サロンも多いため、社会保険に加入していない美容室も多いのが現状です。

経営者の立場からは、社会保険は負担がとても大きく、払いたくないし払うほどお金に余裕が無い、というサロンも多いのではないでしょうか。

職場の人間関係

美容師の仕事は上下関係が厳しく、人間関係が難しい仕事でもあります。

サロンに合わない先輩がいる、イジメを受けている、パワハラ・・・

狭い職場ですから、人間関係にトラブルがあると逃げ場もありません。
それに長時間労働です。

女性が多い職業、職場ならではの難しさを感じることも多いのではないでしょうか。

人間関係でどうしようもない場合、辞めることが唯一の手段になることも少なくありません。

接客ストレス

美容師の仕事は様々なお客様と接する仕事。

接客のストレスもあるでしょう。

気の合うお客様ばかりではありませんよね。

見習い中、ということで技能も未熟です。

失敗してしまってお客様から叱られたり、クレームを受けたりといったこともあるかもしれません。

中にはクレーマーもいます。

なぜクレームされるのか理解出来ない時もあると思います。

そうした接客による精神的なストレスも、辞めたい理由になるでしょう。

正直なところ、まだ美容師を辞めるか、仕事を続けるかで迷っている・・・

という人も多いと思います。

「せっかく親に学費を出して貰って美容師になったしな・・・」

ということもあるかもしれません。

辞めたい理由を突き詰めていくと、今のサロンを辞めて違うお店に移ることで解決できる場合もあるでしょう。

人間関係の退職理由は、お店を移ることで解決できる可能性が高いです。

美容師の将来性に大きな不安を持っている場合には、違う仕事に転職した方が良いでしょう。

実際、美容師は大部分の人にとって低年収の仕事です。

将来オーナーとして独立しても稼げるのはごく一部。
借金をして返済出来ずに破産、といったケースも考えられます。

美容室の数も多く、競争の激しい業界でもあります。

美容師1年目だけどを辞めたい、未経験職種に転職したい

美容師を辞めて、異業種転職することを考えている場合。

どんな仕事に転職するかによって利用するべき転職サイト、転職エージェントがが変わってきます。

先ほど20代未経験での転職に強い転職エージェントをご紹介しましたが、担当者が企業に足を運び情報収集を行うために、扱える求人数は多くて数千件、といったところです。

しかし、求人サイトは数万件の掲載があります。

色々な業界・職種の求人を探したい場合には求人サイトの活用を中心にしての転職活動がおすすめです。

幅広く求人を知りたい場合、リクナビNEXTがおすすめ

幅広い業界・業種の求人情報をお探しになるのであれば、リクナビNEXTがおすすめです。

リクナビNEXTは国内トップクラスの求人数。

あらゆる業界・職種の求人を探せるといっても良いでしょう。

気になる仕事があれば、まずはリクナビNEXTで求人の情報収集がおすすめです。

⇒ リクナビNEXT

未経験職種への転職に強い、転職エージェントの活用

美容師1年目で未経験職種へ転職したい、という場合。

事務職に転職したい。

販売の仕事に興味があったり、エステやネイルサロンなど美容業界で転職したい。

高年収、将来性もあるITエンジニアやWEBの仕事に興味がある、といったような場合、未経験OKの正社員求人を探すことになります。

その場合、転職先を探す方法として求人サイトの活用とともにおすすめなのが、転職エージェントを利用する方法です。

職歴が浅くても、未経験であっても人物重視で採用したい、という企業が多く利用していることが特徴です。

大手企業からの求人も紹介してもらえるタイミングもありますし、内定率が高いことも利用する魅力です。

⇒ 第二新卒エージェントneo

⇒ ハタラクティブ

⇒ キャリアスタート

といった転職エージェントをご紹介しました。

美容師1年目、辞めて転職に成功する人

美容師になって1年目で転職するのは迷うと思います。

今まで美容師になるために勉強した時間、下積みとして働いてきた時間が無駄になる気がします。

しかし一方で美容師1年目で見切りをつけて転職して、その後に成功している方も多いです。

転職に成功する人に共通するのは、

「辞めたい理由にしっかりと向き合って、後悔のない選択をしていること」

といえるでしょう。

美容師1年目で転職を考えた場合には、ネガティブになってしまう事も多いと思います。

転職すること自体は可能です。

ご紹介したような転職エージェントを利用される場合には内定率が高い転職活動ができます。

美容師1年目での転職が不利にならない、人物重視やポテンシャル採用をしてくれる企業からの求人を紹介してもらうことが出来ます。

今までの経験(接客など)を評価してくれる企業もあると思います。

美容師を辞めて転職を目指す場合には、こうした転職エージェントをぜひ活用されることをおすすめします。

© 2020 美容師1年目 辞めたい、転職するには